[
.メインメニュー

.
投稿者: shufuren 投稿日時: 2006-02-16 (2340 ヒット)

 お茶の水女子大学は、市民・消費者・企業・行政など幅広い社会人を対象にした「科学・生物総合管理の再教育講座」の受講者の募集を開始しました。
 昨年に続き、コミュニケーション学特論?「消費者運動の歴史と将来」を主婦連合会が担当します。主婦連の運動の歴史、そこから生まれた法律や制度、消費者運動が社会に与えてきた影響などを解説。一人ひとりの消費者が歴史を切り拓く主役であり、消費者の権利の実現が私たちのくらしを改善する契機となることをテーマごとに紹介します。
 この講座の特徴は、講師を大学・学会の専門家だけでなく、消費者団体、NPO・NGO、マスメディア、産業界などから選出していることです。また、文部科学省科学技術振興調整費により実施しており、受講料は無料です。
 「農薬」「食のリスク評価・管理の基礎」「遺伝子組み換え生物のリスク評価と管理」「生物学と農業の接点を探る」「マスメディアとコミュニケーション」「環境の科学」など、興味深いテーマの講義がたくさんあります。


投稿者: shufuren 投稿日時: 2005-12-08 (2284 ヒット)

 地球温暖化がますます進行しています。“温暖化のせいかしら?”と思うことが最近多くありませんか?
 このセミナーでは、家庭での活動が地球温暖化にどの程度関わっているか、家庭では何ができるのかをお話します。クイズや体験を取り入れた、参加型の楽しいセミナーです。ぜひご参加ください。


投稿者: shufuren 投稿日時: 2005-09-22 (2341 ヒット)

 首都圏をはじめ、放送エリアが全国に拡大されつつある地上デジタル放送。そもそもどうして地上波テレビがデジタル化されるのか? いつアナログ放送は終了するのか? 消費者が知っておくべきことは何か? どんな機器が必要なのか? など、情報はまだまだ行渡っていないのが現状です。説明、質疑応答にあたるのは、総務省、NHK、民放、家電メーカー、地上デジタル放送推進協会(D-PA)の方々です。この機会に、地上デジタルへの疑問、質問、意見を、直接関係者に投げかけてみませんか?


投稿者: shufuren 投稿日時: 2005-08-12 (1968 ヒット)

 東京都消費者月間事業は毎年10月を中心に、都内の消費者団体と東京都が協働して、消費者問題解決のために、様々なシンポジウムや調査・研究報告などを行っています。
 その一環で、企業の社会的責任を問うグループで「企業の社会的責任」と「企業不祥事」についてウェブ上でアンケート調査を行ないます。アンケート結果は10月21日、22日に行なわれる東京都くらしフェスタ内で公表していきます。ご協力をお願いします。


投稿者: shufuren 投稿日時: 2005-08-12 (2148 ヒット)

 「司法」と聞くと、難しくてあまり私たちの生活に関わりのないものと思ってしまいがちです。しかし、実は意外と身近な存在。
 法務省総合法律支援準備室の担当官に司法支援センターを解りやすく説明していただき、その後意見交換を行ないます。ぜひご参加ください。


« 1 ... 27 28 29 (30)


. .