2017年会長・副会長の紹介

会長・副会長の紹介

いつも主婦連合会の活動へご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。
2017年6月7日の総会において、以下のとおり役員が選出され、それぞれ就任いたしましたことをご報告いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
   

会 長 有田 芳子 (ありた よしこ)
副会長 柿本 章子 (かきもと あきこ)
副会長 平野 祐子 (ひらの ゆうこ)
副会長 持丸 友恵 (もちまる ともえ)

 

 ○会長  有田 芳子 (ありた よしこ)
会長 有田 芳子  消費者基本法から“保護”が消えてから13年、保護しなければならない消費者が消えたわけではありません。子ども、障がいを持つ成人、妊婦、高齢者などの、一般的に被害を受けやすい立場にあり保護しなければならない消費者をCOPOLCO委員会では、「脆弱な消費者」(製品安全の国際規格ISO/IECガイド51消費者視点の改訂)として重要視しています。
 これまで、主婦連合会は、JISやISOの原案作成などに関わり、消費者サイドからの意見を提案し、特に脆弱な消費者が使用する事も想定して安全な設計などを求めてきました。そして、玩具の安全性や情報提供のあり方などについてシステム改善のために行動し、ここ数年は、子ども服の安全について情報発信も行ってきました。また、事故調査のあり方について消費者の立場から問題点を整理し国際標準化を提案してきました。
 消費者が自らの意思と判断で、良い食品や製品やサービスを選択するには、分かりやすく正しい情報(表示)が必要です。
 また、新しいサービスに対して、消費者は事業者や専門家と違い、情報力や交渉力では弱い立場にあり、いち早く問題点を明らかにし対応する消費者団体としての使命も感じています。
 脆弱な消費者への配慮を忘れない社会、消費者主権の確立を目指し、会員の皆様と共に活動していきたいと考えています。

 ○副会長  柿本 章子 (かきもと あきこ)
副会長 柿本 章子  このたび、総会で承認いただきました柿本です。
日々もたらされる膨大な情報は、私たち消費者を取り巻く環境が、ますます複雑で解決が困難であることを感じさせるものばかりです。
 消費者市民の権利が守られ、平和で安全で安心して暮らせる社会を次世代に残せるよう、道を切り拓いてこられた諸先輩皆様の思いや活動を受け継ぎ、運動方針に沿った活動を有田会長の下、会員の皆様と力を合わせ、精一杯取り組んでまいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 ○副会長  平野 祐子 (ひらの ゆうこ)
副会長 平野 祐子  総会で承認を頂き、新しく副会長に就任致しました平野です。歴史ある主婦連合会の執行部に立つ事になり、正直なところその重みに堪えられるか不安です。有田会長、持丸、柿本両副会長、事務局や会員の皆様のご協力を頂き、より良い社会を次世代に繋げられるよう、頑張っていく所存でございます。
 私は世の中の動きが知りたくて主婦連合会に入会しました。高田ユリさんの「私たち消費者は円で投票しているという事を自覚しないといけない」という言葉に触れ、消費者意識が芽生えた次第です。今年3月31日に日本政府はビットコインを通貨と認めました。消費の概念が大きく変わろうとしています。世の中の状況は益々厳しさを増し、以前にも増して正しい情報を的確に把握し発信する必要性を強く感じています。よろしくお願いいたします。

 ○副会長  持丸 友恵 (もちまる ともえ)
副会長 持丸 友恵  一期目を終えて、地方なのでなかなか消費者活動に参加できなくて申し訳ないという気持ちでしたが、主婦連合会の皆様の一生懸命な姿を見ましたら、私なりの協力でよいのではと思いまして、今期もお引き受けすることにいたしました。
 総会で運動方針も決まりました。運動方針は、先輩達が主婦連合会の目的としてずっと長く続いてきたものですから、それに沿ったものが決まりました。今、世界を見ると不安定な動きがありますので、皆さん不安を抱いているのではないかと思います。黙っていては、認めたことになってしまいますので、少しずつでも、多くの方たちが活動することによって力になります。皆様方がそれぞれの場で声を出して、そして有田会長を先頭に運動をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



歴代会長
奥 むめお 1948年〜1989年
高田 ユリ 1989年〜1991年
中村 紀伊 1991年〜1995年
清水 鳩子 1995年〜1999年
和田 正江 1999年〜2003年
吉岡 初子 2003年〜2005年2月
兵頭美代子 2005年2月〜6月 (会長代行)
兵頭美代子 2005年6月〜2008年6月
山根 香織 2008年6月〜2015年6月
有田 芳子 2015年6月〜現在




サイト名: 主婦連合会   http://www.shufuren.net
この記事のURL:   http://www.shufuren.net/modules/tinyd1/index.php?id=9