[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

《健康エコナクッキングオイルなど「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」の特定保健用食品としての認可取り消しと一時販売停止の要望》
2009年9月11日

《花王株式会社  宛》


ジアシルグリセロールを主成分とする特定保健用食品「健康エコナクッキングオイル」など、「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」の安全性について、厚生労働省及び食品安全委員会が2003年以降、動物実験やリスク評価(健康影響評価)に取り組んできました。

これまでの実験では、ラットによる乳腺腫瘍の発生増加や、マウスによる皮膚発がん促進の疑いなど、消費者にとって看過できない結果も報告されています。
他の食用油にはない人体作用への懸念も指摘されるようになりました。 しかも、今年7月には、新たに遺伝毒性を持つ発がん物質「グリシドール」を生成する可能性のある「グリシドールエステル」が「健康エコナクッキングオイル」など、「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」に不純物として高い値で含有されていることがわかりました。

グリシドールエステルが生体内で「グリシドール」に変換される可能性が否定できない中では、「健康エコナクッキングオイル」など「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」を特定保健用食品として推奨・販売され続けることは重大な問題です。

現在も大量に販売され、乳幼児、妊婦、高齢者、障害者等も摂取している状態が続いています。現状を放置し続けているメーカーの責任は極めて重いと言わざるを得ません。 

そこで主婦連合会は、「消費者の安全の権利」の確保を求め、次の点を要求します。

<項目>

1 特定保健用食品としての認可取り下げと、安全性が確保されるまで一時販売の停止を

「健康エコナクッキングオイル」などの「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」の特定保健用食品としての認可を取り下げ、安全性が確保されるまで一時販売停止措置を検討してください。

2 消費者に分かりやすい情報提供を   

食品安全委員会では海外での評価の基本となるパーム油の約100倍ものグリシドールエステルが「健康エコナクッキングオイル」などから検出されたとの指摘も出ました。
早急に現在判明している「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」に関するグリシドールエステル混入問題について、その混入データを公表し、その対策についてわかりやすく、幅広く消費者に説明してください。

3 「最悪のケース」を踏まえたリスク評価と総点検を   

海外ではグリシドールエステルが生体内で全て発がん物質の「グリシドール」に変換すると仮定した「最悪のケース」を前提に対応措置をとっています。
早急にこの「最悪のケース」をもとにした対策を検討してください。
また、これまで御社が実施された安全性を示す実験データを総点検し、新たにグリシドールエステル混入の視点から、精査し直し、その結果を公表してください。                  
                                                                                                                  以上

プリンタ出力用画面
前のページ
[2009年9月16日]《エコナ関連製品の一時販売自粛決定》
コンテンツのトップ 次のページ
[2009年9月11日]《健康エコナクッキングオイルなど「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」の特定保健用食品としての認可取り消しと一時販売停止の要望》(厚生労働省、他宛)


. .