[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

≪特定秘密保護法案は国民・消費者の権利を侵害する法案です〜同法案に断固反対を表明します〜≫
 2013年12月5日

主婦連は、消費者の権利実現のために活動してきました。

特定秘密保護法によって、特定秘密が罰則による懲罰の対象となる情報となることは、国民の知る権利の侵害につながるものです。

生活者や消費者が主役となり、社会の発展と改善に積極的に参加する「消費者市民社会」の実現を目指すことは、消費者団体の願いであるばかりでなく、政府としてもその方向性を打ち出しているところです。国民・消費者の権利よりも、国家権力を優先させようとする同法案は、私たちの目指す社会の実現およびそのための取り組みを大きく後退させるものであり、主婦連は断固反対を表明します。

 

本日参議院で特定秘密保護法案の審議が行われます。法案の本質的な問題点が次々に明らかになってきている現状で、拙速かつ強行に採決を行うことは決して許されません。このような国民の権利に関わる重大な法案は、徹底的に審議し、国民の声を十分に聞いた上で是非を決定すべきです。拙速な採決を行わないことを強く求めます。

以上

プリンタ出力用画面
前のページ
再販売価格拘束禁止に関する規制緩和に反対する意見〜流通・取引ガイドラインは緩和ではなく運用強化こそ必要〜
コンテンツのトップ 次のページ
メニュー表示等の偽装への抜本的対策に関する要望書〜不当利得吐き出し制度の創設を急いで下さい〜


. .