[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

≪集団的自衛権行使の容認は絶対に反対です≫
 2014年7月1日

 ≪内閣総理大臣 宛≫

政府与党は、日本と「密接な関係にある他国」への武力攻撃が発生した際、「(日本)国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」に限り、集団的自衛権を行使することは憲法上容認できるとする閣議決定を行ないました。

「密接な関係にある他国」のために武力を行使するという事は、戦争をする国になるという事に他なりません。このように日本という国のあり方を根本的に変えることを、一内閣の閣議決定で押し通すことは、決して許されません。

極めて危険な方向へ日本の国民を導こうとしている「集団的自衛権」行使容認に主婦連合会は断固反対を重ねて表明します。

以上

プリンタ出力用画面
前のページ
不当景品類及び不当表示防止法への速やかな課徴金制度導入実現を求める意見書〜偽装表示は後を絶たず、消費者は被害を受け続けています〜
コンテンツのトップ 次のページ
集団的自衛権の行使を容認する「解釈」改憲に断固反対します


. .