[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

《サッカーくじ導入に反対する要望書》
1996年5月16日

自民党政務調査会長、新進党政策審議会長、新党さきがけ政策調査会長、社民党、共産党  宛》

主婦連合会は、国民の人気が高いサッカーを利用してスポーツ振興の財源確保を名目に「サッカーくじ」を導入することに反対します。

報道によれば、「スポーツ議員連盟プロジェクトチーム」を中心に今国会に提案の運びということですが、「サッカーくじ」の影響について、国民的コンセンサスを得るなど、民主的な手続きもとられていません。

政局の混迷にまぎれて、以下のような問題点をもつ「サッカーくじ」成立を図ることのないよう、慎重に審議されることを強く要望します。


【記】

1.青少年を中心に観客層の広いサッカーを土台にしたギャンブルであり、財源ほしさのみの「サッカーくじ」導入である。

2.「サッカーくじ」は、試合の勝敗に賭けるもので、宝くじとは性格が違う。19歳未満の購入を制限すると聞くが、アルコールやタバコの例を見るように、実現は不可能と考える。

3.くじによる財源で、スポーツ施設を設置・運営したり地域の住民のためのスポーツ事業を行うとあるが、国民生活優先を目指している政府が、一般予算から支出するべきである。

以上

プリンタ出力用画面
前のページ
[1996年5月23日]《規制緩和推進計画の改定に関する意見》
コンテンツのトップ 次のページ
[1996年4月5日]《小型ペットボトルについての質問状》


. .